エンターテイメント

CDの取り込みはFLAC 44.1kHz/16bit

CDを取り込むなら情報つきで保存

CDには音楽データしか情報がありません。そのままで取り込むと、Windowsなら「WAV」、macなら「AIFF」になります。

しかし管理のしやすさを考えるなら、やっぱり情報つきで保存したい。情報とは曲名やアーティスト名、アルバム画像などの「メタデータ」です。

曲名やアーティスト名やアルバム画像が表示されるのは、インターネット上にあるDBから情報を取ってきたからであって、CD自体には音楽以外の情報は入っていません。

推奨する設定

CD音質を損なわないFLAC

オーディオフォーマット

CD音質を損なわずにファイル容量を減らした「ロスレス」圧縮のファイルが主流です。Windowsなら「FLAC」、mac OSなら「ALAC」にするとCD音質&メタデータが両方取り込めます。

設定は変更せず44.1kHz/16bit

CDは44.1kHz/16bit、ハイレゾ音源は48kHz/24bitなどで収録されています。CD音源を高解像度で取り込んでもCD以上の高音質にはなりません。そのためFLACで取り込むときの設定は44.1kHz/16bitになるでしょう。

取り込みソフトは Sony Music Center for PC

取り込みソフトは「Sony Music Center for PC」がおすすめです。SONYなのでサービス停止があっても移行ソフトを準備してくれます。Mac派なら「iTunes」だと思う。

Sony Music Center for PC

保存場所はネットワークドライブNAS

ファイルの保存場所はホームネットワークで共有できるNASがおすすめです。取り込んだFLACファイルを同じLAN内のプレーヤーで聴くことができます。

再生はHi-Fi Cast

NASに保存したファイルの再生はHi-Fi Castのアプリがおすすめです。UPnP / DLNAおよびChromecast対応デバイスに音楽を簡単にストリーミングできます。ネットワークプレーヤーのコントローラーに最適です。無料でも使えますが使い勝手の良さに感動して購入しました。

Hi-Fi Cast - Music Player

Hi-Fi Cast – Music Player

FHDM Apps無料posted withアプリーチ

YouTube Music ライブラリにアップロード

保存したFLACファイルは、YouTube Musicを使用してクラウドにアップロードしましょう。FLAC,ALAC,OGGがサポートされておりAACファイルに自動変換されます。有料会員の場合256kbps(最高音質)128kbps(標準)48kbps(低音質)から選択できますが、無料会員は標準の128kbpsとして再生されます。

スマホのYouTube Musicアプリでの再生は無料。

Google Play Music ライブラリにアップロード【2020年8月終了】

保存したFLACファイルは、Google Music Managerでクラウドにアップロードしましょう。320kbpsのMP3ファイルに自動変換されるなど、サポートされているファイル形式が限られていますが無料で利用できます。再生は320kbps(最高音質)160kbps(標準)96kbps(低音質)から選択できる。

Google Play Music Manager

スマホのGoogle Musicアプリで再生したり、Chromecast buit-inのプレーヤーで再生できます。外出先にライブラリを持ち出せて便利です。自動変換後の音質については気にしないこと。

詳しい説明

PCがないなら「CDレコ」

PCなしでスマホにCDを入れたい場合は「CDレコ」が簡単です。iOS端末用ケーブルとAndroid端末用ケーブルが付属しているのですぐに手持ちのCDをスマホで聴くことができます。

音質設定を「CD音質」にして取り込むと「FLAC」形式でスマホに取り込まれます。

NAS(ネットワークHDD)

BUFFALO LS720Dは6つの独立して動作するヘキサコアCPUを搭載しているので複数の端末からの同時アクセスなどで十分な力を発揮します。また、2.5GBASE-Tに対応しているので自宅の環境次第で転送速度向上が見込めます。動作音が気になるので視聴環境とは別の部屋に設置することをおすすめします。

created by Rinker
バッファロー
¥29,800 (2021/06/14 06:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

Synology DiskStation DS220j/JPはGUIが素晴らしく評価が高いNASです。「QuickConnect」機能を使えば、外出先からインターネット経由で自宅、会社のSynology NASに簡単にアクセスすることができます。Synologyの中継サーバーを経由する事で外部からの通信をより安全で手軽に実現しています。

音の情報は「kHz」と「bit」情報量は「kbps」

出典:ハイレゾとは?|ハイレゾ・オーディオサイト|ソニー

「音の高さ」を表す周波数と、「音の大きさ」を表すダイナミックレンジをkHzとbitで数値化します。X軸方向の細かさがサンプリングレート(kHz)、Y軸方向の細かさがビットレート(bit)です。

また、情報量はkbpsで表されます。サンプリングレートとビットレートとチャンネル数をかけます。

WAV:44.1(kHz)x16(bit)x2(ch)=1411.2kbps

各種ファイル形式でよく使われるサイズの一例です。
FLAC:約950kbps
AAC:192kbps(80/96/128/160/192/256/320)
MP3:128kbps(96/112/128/160/192/224/256/320)

MP3の128kbpsならCDの1411.2kbpsと比べて9%まで容量を減らせたことになります。

ハイレゾ音源はCDから作れる?

ハイレゾの定義は「CD スペックを超えるディジタルオーディオ」です。
定義しているのは「スペック」だけなのでハイレゾ音源はCDからでも簡単に作成できます。

ただし、CDから作ったハイレゾ音源に価値を見出せるかが問題です。CDを高解像度で取り込んでもCD以上の高音質にはなりません。

クローン→クローン→クローン→・・・と複製していくとき、一般的には前の世代のほうが「いい音」と言えそうですが、情報補完の技術を追加すれば後の世代の方が「いい音」に聞こえることもあります。

ハイレゾ音源は音がいいという印象をつけたいのであれば、「スペック」だけでは説明不十分で「世代」という概念を取り入れるとわかりやすくなります。

マスター音源を初代(第0世代)すると、マスター音源から作成した「ハイレゾ音源」は第1世代、マスター音源から作成した「CD音源」も第1世代。「CD音源」から作成した「ハイレゾ音源」は第2世代になります。

それを例えばハイレゾ(1)とかハイレゾ(2)のように表現したとすると、ハイレゾ(1)とハイレゾ(2)は全くの別物になります。

人間の耳ならCD音質で十分?

周波数の計算はサンプリングレートを「1/2倍」し、ダイナミックレンジはビットレートを「6倍」します。

CD:44.1kHz/16bitを変換すると、22kHz、96dBです。
ハイレゾ:48kHz/24bitを変換すると、24kHz、144dBです。

人間の可聴範囲は20kHz、120dBと言われています。CDは人間の可聴範囲をカバーできていないので十分とはいえません。そのためハイレゾ音源のほうが雰囲気のようなものまで再現できそうな気がします。

スポンサードリンク