クレジット・ポイント

エコノミーをビジネスにするカード「ANA SFC」

SFC 修行で獲得できる特別なカード

スーパーフライヤーズカード | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)は上級プレミアムメンバーだけが申し込みできるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。一定のフライトマイルを貯めないと獲得権利が得られないため、それだけのためにフライトすることを SFC修行といいます。

SFC修行中は飛行機に乗ってマイルをためているので「空マイラー」です。飛行機に乗らずにマイルをためる人を「陸マイラー」と呼び区別されます。毎年「空マイラー」として飛び続ける人もいれば、「陸マイラー」として卒業する人もいます。

ANA SFC の所有者は ANA を含むスターアライアンスの上級会員です。エコノミーでも「優先チェックイン」や「航空会社のラウンジ利用」が可能で、もしかすると「インボラ」も期待できるかもしれません。エコノミー航空券をビジネス航空券に近づけることができるカードです。勝手にキャッチフレーズを付けるなら「エコノミーをビジネスにするカード」が分かりやすいかなと思います。

ANA SFC を持てば SFC修行中に夢見てたことが可能になります。ただしANA SFC が最も活躍するシチュエーションは SFC修行している時です。SFC修行中は喉から手が出るほど欲しいのですが、いざ解脱してみると活躍の場が少ないことに気付きます。

「仕事終わりに飲むビール」のように「修行してとった ANA SFC」は格別です。一生使い続けたい記念になる大事なカードです。その中でもANA SFC GOLD (VISA) は「高いステータス」「高いカード還元率」「割安な年会費」でメインカードとして最適でした。最近までは・・・。

ANA SFC GOLD (VISA) に訪れる改悪

しかしこの ANA SFC GOLD (VISA) に改悪が続きます。

「ステータス」

スーパーフライヤーズ会員の特典 | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ


ANA SFC を持っているだけで「スターアライアンスゴールド」の永久資格が付与されます。いつかは改悪されるだろうといわれ続けていますが、その時はまだ来ていません。

VISAカードに限りませんがANA プラチナ同等だったSFCステータスは、プラチナよりも下になってしまいました。ANAステータスを並べると「ダイヤモンド>プラチナ>SFC>一般」の順番になります。

「カード還元率」

ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友VISAカード


ANA SFC GOLD (VISA) は通常の還元率に加えて2種のボーナスポイント(ステージV3&リボ払い)を活用することで1.4~1.6%の高還元率のカードでした。しかしステージボーナスやソラチカルートの廃止により還元率は1.0~1.3%にまで落ちてしまいました。

リボ払いを利用しない場合は1.0%です。

「年会費」

「マイ・ペイすリボ」年会費優遇特典条件改定のお知らせ|クレジットカードの三井住友VISAカード


マイペイすリボを設定するだけで優遇されていた年会費はリボ払いが必須となってしまいました。気軽にリボ払いをしてしまうと優遇された分以上の支払いが発生する可能性があります。年1回でいいとはいえリボ払いを管理するのは大変です。

ANA SFC の利用価値

ANA SFC GOLD が大活躍だった過去と現在を比較してみました。

ANA SFC GOLD と家族カードが大活躍の過去

  • カードを提示してクレジット払いすることが多かった
  • マイペイすリボ設定のみで年会費優遇
  • 還元率は1.4~1.6%
  • 国内線はANAを利用
  • 海外出張・旅行はスタアラのエコノミー
  • とにかくANAマイルを貯めたい
  • 特典ビジネス解放枠はプラチナ同等

ANA SFC GOLD を解約するか検討中の現在

  • スマホでキャッシュレス決済を使い分けしている
  • リボ払いは失敗しそう
  • 還元率は1.0%~1.3%
  • 国内線はBAマイルでJALを利用
  • 海外出張の自粛
  • 海外旅行は特典ビジネス
  • ANAマイルが余ってきた。
  • 特典ビジネス解放枠はプラチナより下

キャッシュレス還元が一般的になりカードを出さずにスマホで決済する時代になりました。クレジット還元よりも他のキャッシュレス決済のキャンペーンのほうがお得になることがよくあります。

繁忙期の国内便は非常に高価なのでBAマイルの特典航空券を利用するようになりました。もちろんANAの航空券以外は優先搭乗ができません。

ポイントサイトが一般的になりマイルをより効率的に獲得できるようになりました。特典ビジネスで海外旅行すれば優先チェックインやラウンジが初めから付帯しています。

そもそも新型コロナウィルスの影響で海外旅行がいつ再開されるかも不明です。マイルを使う機会がなくなり使用期限も迫ってきます。

このように ANA SFC の利用価値がだんだん下がってきていると感じるようになりました。

空を飛ぶ「空マイラー」ならどうする

「空マイラー」にとっては引き続き大切なカードです。「エコノミー」が「ビジネス」に近づくカードなので出張・修行などスタアラの格安航空券を利用する人なら活躍すると思います。ですがANA SFC には「空マイラー」にとって致命的な欠点があります。それは「海外航空便の出航遅延保険と乗継遅延保険」がついていないことです。

海外旅行をするとわかりますが、出航遅延、乗継遅延、手荷物遅延は高い確率で起こります。ANA SFC があればラウンジが利用できますが、長時間のラウンジ使用にも限界があります。ANA SFC 1枚では不安です。

そんな時に宿泊代や食事代が保証される保険があれば安心です。そのため「海外航空便遅延保険」がついているカードが気になり始めます。代表的なカードは次のようなものがあります。

スターウッドプリファードゲスト アメリカンエキスプレスカード

公式サイト

年会費31,000円(税抜)
出航遅延、乗継遅延(4時間遅延) 自動付帯2万円

セゾン・アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

公式サイト

年会費10,000円(税抜)
出航遅延、乗継遅延(4時間遅延) 利用付帯3万円

dカード GOLD

公式サイト

年会費10,000円(税抜)
出航遅延、乗継遅延(6時間遅延) 自動付帯3万円~5千円

空を飛ばない「陸マイラー」ならどうする

改悪によってより価値を見出せなくなるのは空を飛ばない「陸マイラー」です。ANA SFC GOLD のメリットだった「カード還元率」「年会費」の魅力が減ってきています。

「リボ払い」に自信がある人は問題ありませんが「リボ払い」に自信がない人はふるい落とされ「解約」を考えるきっかけになるでしょう。

「SFC」ステータスは継続したい。だけど「リボ払い」の管理に自信がない。そんな考えを行ったり来たりしている人にいい方法があります。それはANA SFC GOLD を解約せずに普段利用しない「保管カード」にすることです。

普段全く利用しないカードにしてしまえば年1回の「リボ払い」のハードルが下がります。こうすればわざわざ「一般カード」にダウングレードする必要はなくなります。

ANA SFC GOLD は保管カードとして扱う

今まではANA SFC GOLD (VISA) をメインカードとして利用してきましたが役割が終わりそうです。

まず本会員カードはANA SFC GOLD (VISA) のまま毎月の支払いを0にする作業を行っていきます。家族カードは解約します。支払い請求がなくなったら年に1回少額の買い物を「リボ払い」にしてさらに年会費を節約します。年1回の支払いだとWEB明細割引は適用できません。リボ払いを忘れると年会費11,500円(税抜)にならないので注意です。

空を飛ぶ機会をなくしリボ払いしない「陸マイラー」は不要な存在として振り落とされてしまいました。

いつか「空マイラー」に返り咲くまできっちり保管させていただこうと思います。ボーナスマイルやアップグレードポイントもあるし。それまではささやかではありますが年会費分を貢がせてもらおうと思います。

退会理由が「年会費がかかる」なら年会費1年無料?

Vpassにログインしてカード退会の理由を「年会費がかかる」として「退会手続き」を途中まで行うと、年会費1年間無料の案内が出ることがあるようです。期間限定の施策かもしれませんが試してみるのもありですね。(2020年11月28日追記)

スポンサードリンク

10月29日(金)9:00
~10月31日(日)23:59
Amazonポイントアップキャンペーン事前登録
10月29日(金)9:00
~10月31日(日)23:59
Amazonポイントアップキャンペーン事前登録