ショッピング

Amazonパントリーっていらないサービス?

アマゾンパントリー

パントリーとは?

Amazonパントリーとは | よくあるご質問 | お客様の声

パントリーとは冷蔵庫の横の食材棚や、洗面所の収納スペースのことを指します。Amazonパントリーの商品は消費期限が長くてまとめ買いしておけるものが多数用意されています。

取り扱っているカテゴリー

パントリーで扱っている商品は下記のようなカテゴリーに分けられます。

Amazonパントリーの特徴

利用する前にどんな特徴があるのか知っておきましょう。

メリット・デメリット
  1. 商品は激安ドラッグストアより安い
  2. キャンペーンやクーポンが利用できる
  3. 配送の時間指定ができる
  4. 1箱につき送料がかかる
  5. 容量の制限がある
  6. 重さの制限は14kgまで

1.商品は激安ドラッグストアより安い

1つ1つの商品は驚くほど安い価格で販売されています。都心の激安ドラッグストアと比較しても安いです。近くに安いスーパーがない方や、いつも値段を気にせずに購入している方は一度利用してみることをおすすめします。

パントリーの商品価格は上下しやすいので、おなじみ「Keepa」を使って割高のタイミングを避けることが重要になります。

amazon
Amazonでの買い方まとめネットで買い物をするなら買い方が難しくなくシンプルなAmazonが素敵です。今回はAmazonが紹介しない「お得にする購入する買い方」をまとめます。...

2.キャンペーンやクーポンが利用できる

初めての利用で割引、まとめて買うと割引、季節に合わせた新生活応援割引など不定期で開催されています。キャンペーン時は買い時です。

キャンペーン・クーポン(Amazonパントリー)

キャンペーン情報

クーポン割引

3.配送の時間指定ができる

Amazonプライム会員ならパントリーお届け日時指定便が無料で利用できます。重たくてかさばる荷物なので、再配達させないように配慮できます。

4.1箱につき送料がかかる

気を付けることは1箱につき手数料が390円かかることです。アマゾンプライムユーザーは無料配達に慣れているので少々抵抗があります。しかし小売店よりも390円以上安く買えれば問題なし。センスの見せ所です。

5.容量の制限がある

Amazonパントリーは1つの箱に商品を最大限詰め込む楽しさがあります。詰め込みすぎて容量が100%をオーバーしないようにしましょう。少しでも超えてしまうと2箱目の送料がかかります。

実際利用してみるとパントリーは自由度が高すぎて選びにくいのです。そのため、ある程度購入の型を決めておきましょう。

6.重さの制限は14kgが基準

パントリーには6kgの水がラインナップされています。家まで運んでくれるサービスは貴重です。パントリーの重さ制限は14kgが基準なので重量オーバーになる心配はまずありません。重量オーバーよりも先に容量オーバーになってしまうので。

買うべき商品はこれ

出典:Amazonパントリーとは | よくあるご質問 | お客様の声 – アマゾン

パントリーのいいところは「重いもの、かさばるものをまとめて宅配してもらえる」ことです。おすすめは、「水」「トイレットペーパー」「ボックスティッシュ」などです。(重いもの代表「お米」はAmazon定期オトク便でお得に購入できることがあります。)

紹介するセットには空き容量があります。そのすき間を活用して一緒にすると便利です。こちらの記事で紹介します。

アマゾンパントリー
Amazonパントリーはこれを選ぼうAmazonで買い物をしていると、たまにAmazonパントリーと書かれた商品に出会います。送料がかかる?1箱に収める?1個でいいのに。なにこれいらない。キャンセル。そんなAmazonパントリーには精神的に買いやすくする方法があります。...
スポンサードリンク